自己PRとは?

  • 自己PRについて知ろう
  • 自己PRとは?

自己PRとは?

自己PRとは?

就職活動では、「自己PR」が内定するかどうかのカギになると言ってもいいでしょう。「自己PR」は、どんなふうにすればいいのか…その目的をよく知ることで、いい「自己PR」ができるようになります。
まず、ここで「自己PR」がどんなものかを理解してから、準備を進めましょう。

「自己PR」って何?

「自己PR」とは読んで字のごとく、“自分をピーアール(アピール)すること”です。「自己PR」というのは、自分がどういう人間かを発表するだけでなく、発表した上で、そのことを相手に納得させなければいけません。

「自己PR」したことによって、相手が自分のことをどう思ったのか…そこが重要になります。
ですが、「自己PR」には絶対にこう言わなければならないというような決まり事は基本的にありません。100人いれば、100通りの「自己PR」があっていいのです。

面接官に「この会社で活躍しそうだな」と思わせるための判断材料が「自己PR」というわけですね。

エントリーシートの「自己PR」も忘れずに!

今の就職活動には、エントリーシートが欠かせなくなってきています。エントリーシートとは、各企業が独自に作った応募書類のことをいいます。
このエントリーシートの提出方法はメール送信、郵送、会社説明会に持参(または、その場で書く)など、会社によって様々です。個人的なデータ、「自己PR」、志望動機などがエントリーシートの主な内容になります。というわけで、ここでもう「自己PR」を考えなければなりません。このことから、エントリーシートが面接への一つ目の難関と言えるでしょう。

また、ここに記入する「自己PR」は、面接時の「自己PR」の下準備にもなりますね。たいていのエントリーシートは全体で、400字程度にまとめるようになっています。
「自己PR」は何を伝えたいのかポイントをはっきりさせて、簡潔に書くようにしましょう。

「自己PR」と自己紹介の違い

よく「自己PR」と自己紹介を勘違いしている人がいます。確かに、就職などの面接のときに「まず、自己紹介をしてください」と言われることが多いですね。けれど、自己紹介は「自己PR」ではありません。
面接官はプロフィールを聞きたがっているのです。

「自己紹介をして…」と言われたら、自分の名前はもちろん、学校名や専攻科目、そのほかの経歴などを1分程度にまとめて話すといいでしょう。
自己紹介と言われても、多くの人が「自己PR」と同じ内容を話します。自己紹介と「自己PR」が同じ内容というのは、好ましくありません。また、自己紹介なのに最初から「自己PR」をして、とばしすぎるのもよくないです。

一方で、「自分を表現してください」とか「友達にはどんなふうに思われていますか?」などと聞かれた場合、面接官は「自己PR」を要求しています。
面接では、はじめの印象が大事になります。「自己PR」と自己紹介…できるだけ違う内容のものを用意し、面接官がどちらを期待しているのかを感じ取るようにしましょう。

ちなみに、自己紹介の最後には「本日はよろしくお願いいたします」と一言付け加えるといいでしょう。

自慢はダメ!

人の自慢話は聞いていて、あまり気分のいいものではありませんよね。
ですが、普通なら自慢話に聞こえるようなことでも、話し方によっては素晴らしい「自己PR」になることがあります。どんなことを話すにしろ、強く言い過ぎると聞き手には自慢に聞こえてしまいます。
かといって弱く言うと積極的な「自己PR」にはなりません。このへんの加減が難しいところですね…。
ちょっと間違えれば、自慢になりかねないことでも、どの部分を強調して伝えればいいのかを考えると、聞き手に拒絶されることなく、いい印象のまま受け入れられるでしょう。

このほか、最近の傾向として、「自己PR」の際に「見事成功しました」というような言い方をする人が多く見られます。
見事”という言葉は周囲の人が自分のことをほめたり、評価してくれるときに使うので、「自己PR」には適さない言葉といえます。
面接時の「自己PR」で使う“見事”という言葉は、自慢になりかえって自分の印象を悪くしてしまいます。この言葉を付け加えなくても、十分に言いたいことは伝えられますよ。


MENU