自己PRでチェックされること

  • その他・自己PRに関すること
  • 自己PRでチェックされること

自己PRでチェックされること

自己PRでチェックされること

希望の会社の内定をもらえるかどうかは面接、特に「自己PR」の内容で決まるといっても過言ではないでしょう。このとき、面接官はどんなことをチェックしているのでしょう?会社側が何を知りたがっているのかを考え、それに沿うように「自己PR」しなければなりません。

会社側の目的と応募者の目的

面接時の「自己PR」は、会社側と応募者それぞれが違う視点を持ち、行われます。
まず、会社側は全体として、資質・意欲・組織に溶け込んでいけるのかどうかを、見極めます。
一方、応募者の目的は仕事や職場が本当に自分に適しているのか、また仕事の内容は自分の能力に見合っているのか(この仕事を選んで、間違いはないのか)といった点になりますね。

応募者としては、とにかく「採用されたい」という思いだけが強いこともあります。けれど、受身の状態ばかりではなく、それがもし可能なら、自分からやりたい仕事や入りたい会社を選ぶのも大切なことです。
こうして、自分に自信を持つことで、面接への臨み方も変わってくるでしょう。

面接官による4つのチェック項目

面接(自己PRを含む)では、応募者がこの会社にふさわしい人材かどうかを見ます。では具体的に「自己PR」の際、面接官は応募者のどんなところをチェックしているのでしょうか?

ポイント1コミュニケーション能力

短い時間の中でも面接官の質問に対して、的確な答えができるかどうかがポイントになります。

まず、第一に基本的なコミュニケーション能力がチェックされます。

ポイント2能力・経験

能力や経験を様々な分野で活用することができるか、それらは新しい環境の中でも十分通用するのかが、チェック項目ですね。

ポイント3人柄

もちろん、面接官にとって、その人の人となりも大切なチェックポイントの一つです。

どのような人間なのかを知ってもらうために、自分なりの言葉で個性を伝えましょう。

ポイント4入社意欲

高評価を得るポイントになるのは、会社に対する意欲です。

いくら能力や経験が優れていても、入社意欲が低いと判断されてしまっては意味がありません。

その他「自己PR」時の能力チェック

上記以外で面接官が目を光らせて、チェックしていることを見てみましょう。

ポイントチェック表情の豊かさ・笑顔

緊張感が漂うなかでも、柔らかな表情と笑顔で面接官に好印象を与えましょう。

特に、接客業などの職種では、表情の豊かさと自然な笑顔はポイントアップになりますよ。

ポイントチェックストレスの自己処理能力

どんな仕事でも、ストレスはついてまわります。ストレスをどうやって処理しているのか…?

面接官は「自己PR」の中から、そういうことに関してもチェックしています。

ポイントチェック問題を解決する能力

何か問題が起こったときに、それをいかに解決するか、という点も仕事をする上で重要です。

特にすでに社会経験がある転職者には、強く求められる能力といえるでしょう。

面接官はこんなこともチェックしている!

「自己PR」時の受け答えだけでなく、面接官は応募者こんなところもしっかりチェックしています!

どれも基本的なことなので、注意しましょう。

ポイントチェック服装

面接では、第一印象が大切です。靴も含めて、清潔な服装を心がけましょう。

また「面接時は平服で…」という場合でも、スーツが無難だと思いますよ。

ポイントチェックあいさつ

あいさつは基本中の基本です。最初と最後のあいさつは、きちんと立ってからするようにしましょう。

特に、最後のあいさつは忘れずにしてください。飲み物を出された際は、目礼しましょう。

ポイントチェック態度

足や腕を組むなどの態度は、絶対にやめましょう。

また、ずっと下を向いているのも「やる気がないのか?」と思われます。

姿勢を正して、面接官の目を見て話しましょう。

ポイントチェック遅刻

前もって、会社までの所要時間を調べておきましょう。10分前には着くようにしてください。


MENU